女性専用フィットネスクラブ「カーブス」の運営事業を行う株式会社エクスティード

077-554-7135
営業時間:平日10:00~19:00(13:00~15:00はクローズ) / 土曜日10:00~13:00
エントリー
エクスティードの仕事は
女性の世界を変える力がある
新卒入社1年目
カーブスダイエー桂南
吉川藍

わたしのやりたい仕事のカタチ

ずっとバレーボールをしていたので就活ではスポーツ系の仕事を探しました。インストラクターとか。
そのとき改めて『何の仕事か、も大事だけれど本当にそれだけで選んでいいのかな』って思うようになりました。同じことをしていても働いている人の顔が違う。社員の方が本当に楽しそうでキラキラしている会社もあれば、どうすれば楽に早く帰れるかばかり考えているところもあったり。楽しいことはプライベートですればいい、仕事は作業って割り切るのもひとつの考え方だと思います。でも、私はそれでは嫌だなって。

小さいことでもやりがいを持って、自信をもって仕事をしたい。役に立っているって感じたい、そう思ったんです。当時はストレッチ系チェーンの大手の選考も進んでいたのですが、改めて見てみると自分たちの仕事がどんな役に立っているのか、どういう世の中にしたくて、そのためにどうなりたいのか、よくいうビジョンのようなモノが感じられない気がしました。
 

ビジョンでいっぱいの会社

そんな時にエクスティードを知りました。知れば知るほどってこういうことだと思うんですけど、ビジョンでいっぱいの会社だって思います。

「幸せの連鎖の発信源になる」「病院から患者を奪う」そんな聞いたことも無いようなキーワードがいっぱいで。カーブスはフランチャイズなんで色々な会社がカーブスという事業を運営しているんですが、こんなに未来のイメージを強く持とうとしている会社は無いんじゃないかと思います。

面接や説明会でそれを強く感じて、ここなら自分は成長できるんじゃないか。こういった先輩方と一緒に働きたいと思ったのを覚えています。

新卒1年目からみたエクスティード

入社して約9ヶ月。今思うのはエクスティードは社員ひとりひとりが本当に優しくていい人が多いということ。相談もしやすいです。でもだからといって甘やかされているという感じではなくて、上司や先輩の皆さんは私が成長できるように期待して、導いてくださっているのがよくわかります。だからこそ、その期待に応えたいと思うし、自分も成長したいと思います。

「一年目からチャンスが与えられる」って言葉はよく就活で聞きますよね。でも同級生からは、「実際入ってみるとそこまででも・・・」なんて聞くことも。それがエクスティードでは無いです。会社全体のイベントを新卒1年生に全て任せてくれたり、今回も新しい店舗の立ち上げに参加させてもらえたり。とにかく「アナタはどうなりたい?どうしたい?」を尊重してくれます。その分責任もありますが、でもそれが任せてもらえるってことだと思えるようになりました。

だから手をあげました。『どうせやるなら、上を目指したいです』って。社歴に関係なく成長するチャンスをくれる、やりたいと言ったらちゃんとそれに耳を傾けてくれる会社だっていうことだけは間違いなく言い切れます。

「あの時アナタに出会ってなかったら」

エクスティードに入るまで、メンバーさん(※1)とこんなに深い関係が作れるとは思っていませんでした。カーブスはメンバーさんが週に2回~3回こられます。月に10回~15回お会いするんです。だからメンバーさんとは色々お話できる関係になれればとは思っていました。

でも実際にここまでメンバーさんの人生に関わって、メンバーさんの人生を変えるスゴイ仕事だとは思ってもみませんでした。ある時私が外活(※2)でお声がけをして入会されたメンバーさんから「あの時、アナタに出会ってなかったら、今の私はなかったわ。ありがとう」って言ってもらえたんです。

これってスゴイことだと思うんです。新卒1年目でまだ何の経験も無い私が人の人生に関わって、そんな嬉しい言葉まで言ってもらえるなんて。エクスティードの仕事はこういった人の声を一つでも多く増やしていく仕事なんだなって思いました。だから幸せの連鎖の発信源なんだって。今でも思い出すと嬉しくなってしまいます。
 

みんながみんなのために

やっぱり手を挙げたからには、シッカリと頑張りたいです。今回は内定者研修からずっとお世話になっている藤本店長(※3)と一緒に立ち上げに参加させてもらいます。チャレンジするにしても一人ではない、心強い店長がおられるのは本当に嬉しいです。

エクスティードは本当にみんながみんなのために本気で力を貸してくれる、そういう会社なんです。今日も「カーブスイオン洛南」の移転キャンペーンのために色々な店舗からサポートに来てくださっています。あちこちにいるでしょ?それがいやいやではなく本当に力になろうって思ってくださっている。心強いし私も役に立ちたいと思います。そういう会社でそういう仲間だから頑張れるんだと思います。

こういう想いを新しい店舗でも沢山のメンバーさんに出会って、知り合って、伝えて、そしてサポートしていきたいです。街中を歩いていて自分の店舗のメンバーさんが歩いておられると、本当に嬉しくなるんですよ。ついつい走り出して挨拶してしまいます。そういった方があちこちにいるって本当にいいですよね。今から楽しみです。
 
※1:カーブスではお客様のことをメンバーさんと呼ぶ
※2:周辺の方々にカーブスを知ってもらう活動。エクスティードでは他の店舗のスタッフが応援に来て行う
※3:藤本店長の特設インタビューはこちら

ある一日のスケジュール

9:00 ~ 開店準備
店舗清掃やマシンチェック
10:00 ~ 営業開始
コミュニケーションこそ大事な仕事
18:30 ~ デスクワーク
経営数値の入力・報告
19:00 ~ 締めの作業
明日も元気に楽しく営業できますように

オフの日はどんなことをしていますか?

オフの日は出かけることが結構あります。先日は友だちと長野県まの阿寺渓谷まで景色を見にドライブに行ってきました。他にも滋賀のメタセコイヤ並木とか。

結構ドライブは行きますね。あとは家族とゆっくりしたり。基本的にはオンとオフの切り替えがし易いので、休む日は休む。やらないといけないことはそこまでに終わらせておくように心がけています。