女性専用フィットネスクラブ「カーブス」の運営事業を行う株式会社エクスティード

077-554-7135
営業時間:平日10:00~19:00(13:00~15:00はクローズ) / 土曜日10:00~13:00
エントリー

社員紹介・インタビュー

仕事をするほど、どんどんメンバーさんのことが好きになるんです

平野 綾菜(2011年入社)
カーブスアルプラザ守山 店長
今日は新卒で2017年に入社して四年目の平野綾菜さんにお話を伺います。平野さんは店長として毎日カーブスの仕事にやりがいを本当に強く感じるとのこと。働けば働くほどメンバーさんのことが好きになり、仕事も楽しくなるそうです。新卒として社会人生活をスタートする人にも参考になると思いますので、ぜひご覧ください。
--初めまして、今日はよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。
--平野さんは新卒で入社されたんですよね?
そうです。2017年に入社しました。だから今4年目になりますかね。
--これまで仕事をしてきて、自分は変わったなと、変化を感じることはありますか?
そうですね。いろいろあるとは思うんですけど、一番感じるのは、メンバーさんのことですかね。一緒にいればいるほど、メンバーさんのことはどんどん好き人なっていくなって強く思いますね。
--それはなぜだと思いますか?
例えば、経験が浅いとまだまだ頭とか知識とかを前提にメンバーさんのことを考えると思うんです。それが経験を積めば積むほど変わってくるのが理由だと思いますね。
--もう少し詳しく教えてもらってもいいですか?
"例えば1年目の頃ってメンバーさんの変化も知識としてしか知らないんですね。先輩や店長たちから、「メンバーさんってこんな風に健康で元気に変わっていくんだよ」って教えてもらっても、それは情報でしかないので。だからそれを聞いても最初は「へーそうなんだ」という感じで進んでいくと思うんですね。

それが1年2年と経っていくと実際に自分が知っているメンバーさんが変わっていくんです。目の前で変わっていくのを実際に見るのは、ただ単に聞くだけとは大きく違うんですよね。それはドンドンメンバーさんを好きになっていくことに繋がっていると思いますね。"
--平野さんは昔は自分に自信がないタイプだったと聞きましたが?
そうなんです。自信なんて何にもなくて、前に立って話すのが苦手だったりとかいろいろ思い当たります。だから前に立って何か一つ話をして、という話になっても、うまく喋られずふにゃふにゃと声が小さくなってしまったり。
--それが変わってきたとも伺っています。自分でもそう思いますか?
そうですね。少しずつですが、変わったと思いますね。
--なぜ変われたと思いますか?
うーん。なぜですかね…?なぜでしょう。でも本当に変われましたね。でも上司や先輩からの支えがあったというのは間違いないと思います。
--というと?
"もともと私は考えるのが苦手というか。自分で考えて、これからどう動いていく、どうしていく、ということを決めて動くというのがとても苦手だったんです。でも仕事をし始めるとそういったことはとても重要で、やっぱり悩んむこともありました。

そんな時に上司や先輩にアドバイスをもらうんですが、決してみなさん答えをそのまま伝えるということはしないんですね。「今こういう結果になっているから、このままいくとどうなると思う?」という風にまず私自身が考える時間をくれるんですね。そこで拙いかもしれないですけど、自分で考えた上で、アドバイスをくれるので、自然と自分で考えるということができるようになってきたんだと思います。"
--上司や先輩が平野さんの成長を望んでくれているエピソードですね。ちなみにエクスティードでは同期との関係も大事にしているとか?
はい…同期、大事だと思います。何か困ったり悩んだりすると、すぐに聞きます。聞ける関係ですね。
--他の会社とは違う感じがしますか?
他を知らないので、なんとも言えないですが、多分一緒に遊んだりする同期っていうのはどこの会社でもあると思うんです。もちろん私たちも遊ぶときは一緒に遊びます。けど、仕事で悩んだときとかも真剣に相手を思って話ができるということがあると思います。

例えば、同期で先に店長になっている人もいるので、自分が店長の業務でわからないところは素直にどうしたらいいのかな?って聞くこともできるし、一方で「あの子があれだけ頑張っているんだから、私も!」っていう気持ちにもさせてくれる。それに頼る時には頼るし、遊ぶ時には目一杯遊ぶし。なんというかそんな関係ですね。
--では、同期との関係を一言で表すとどうなりますか?
うーん。最高!ですかね。同期サイコー(笑)
--店長としては、今後どんなお店にしていきたいですか?
"いろいろなメンバーさんがいるお店なんですね。だから元気で通ってくださっている人もいれば、体が大変な人とか、大切な人が亡くなって落ち込んでいる方もいらっしゃいます。でも、身体のためにここにきて運動しないといけないとか、「ここに来たら元気をもらえるから来たよ」って言ってもらえるのは本当に嬉しいし、もっとそういうった価値を提供できるお店になっていきたい、作っていきたいと思いますね。

というか、もっともっとカーブスのことを知ってもらいたいですよね。だって(お店のある)守山に何万人も女性がいるのに、500人くらいしかメンバーさんいないんですよ。少なすぎでしょ。"
--やりがいのある仕事をしていますね。
やりがいはもう…やりがいだけで生きていますね。

でも本当に、私がこの仕事をしていて一番よかったなと思うのが、こんなに人からありがとうって言ってもらえる仕事は他にはないと思っているんです。今までは本当にいろんな人に助かられて生きてきたと感じていて、自分からありがとうということはたくさんあったけど逆はそんなになかったんです。だからメンバーさんからあなたに会いにきたんだよって言われるのを聞くと、「ほんとにいい仕事だな」って思いますね。
--確かに、伺っていると本当にいいお仕事なんだなって思います。
いいですよね!!この仕事。これは本当にそう思います。思ったことしか言っていないですけどね(笑)
--ぜひこのままもっと多くの女性にカーブスのことを知ってもらってくださいね。今日はありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございました。

採用情報

SNS

フォローして更新情報ゲット!