女性専用フィットネスクラブ「カーブス」の運営事業を行う株式会社エクスティード

077-554-7135
営業時間:平日10:00~19:00(13:00~15:00はクローズ) / 土曜日10:00~13:00

社員紹介・インタビュー

こんなに他のスタッフのことを考えられる会社は無いんじゃないかなと思います

小牧桜子(6年目)
マネージャー兼カーブス平野加美西店長
チャンスが本当に多い会社だと思います。変わりたい、スキルアップしたい成長したいという人はぜひご応募下さい。
>小牧さんは中途で入社されたんですよね。何年目ですか?
私は6年目ですね。その前がアルバイトで4年ほど携帯ショップで勤務していました。
>仕事内容としては大きな変化ですが、どういったキッカケですか?
もともと美容や健康関係の仕事がしたかったんですね。その気持ちがありつつ、アルバイトとして携帯ショップに勤務をしていて。正社員にというお話もあったんですが、自分としてはやりたいことを諦められなかったんで退職して、仕事を探していたんです。
>その時にカーブスを知った?
というよりもエクスティードを知ったという感じです。ちょうどカーブス京阪藤森のオープニングスタッフ募集の広告を見て、最初は仕事内容が分かっていなかったので、少し年配の方向けのお仕事かなって勘違いしていました。でも、その広告に「人の夢を叶える仕事」「ありがとうって言ってもらえる仕事」というコピーがあって、受けてみようって。
>その時のこと覚えていますか?
すごく鮮明に覚えています。1番印象に残っているのは、社長(エクスティード大辻社長)が「カーブスは他のフィットネスクラブやジムからお客さんを奪うのではなくて、病院から患者さんを奪うような仕事です。そういう仕事をしたいんです」って真剣に仰っておられたのですごく感動したのを覚えています。
>あまりそういう話って聞かないですよね。
そうなんです。だいたい条件とか福利厚生がどうとかって会社が多いと思うんです。
社長が自分の言葉でそういったことを仰っていただける会社って、それまで見たことがなかったので。エクスティードは特別に見えました。
>他にも覚えていることありますか。
2次面接以降、部長も同席いただいたんですが、社長とは違った意味で熱くて「キラキラしているなぁ」ってドキドキしたのを覚えています。3次面接まであったんですが、面接していただく度に「ここで働きたいなぁ」ってドンドン思うようになっていきましたね。
>何がそうさせたんでしょう。
やっぱり、社長の想いだと思います。その時仰っておられた”病院から患者さんを奪う”という状態には間違いなく近づいていると思います。店舗の立ち上げとかをこれまでさせていただいて、自分がキッカケで人の人生が変わっていくのを数多く見させていただいているので、実感がありますね。
>そういうメッセージはメンバーさん(お客さんのこと)にも伝えているんでしょうか
はい。エクスティードではイベント等があるとスタッフからメンバーさんにお手紙を書くんですね。そういった時に私たちの想いをお伝えするようにしているので、メンバーさんからも「もっと広がっていけばいいね。応援する」と仰っていただけますね。
>エクスティードスタッフの雰囲気はどんなものですか
「真面目だけどちょっとアホ(笑)。みんな、本気で楽しんでいる」ですかね。でも真剣な話、こんなに他のスタッフのことを考えられる会社は無いんじゃないかなと思います。スタッフ一人が悩んでいたら、リーダー、店長はもちろん、部長や社長(エクスティード大辻社長)までが、一人のスタッフのために真剣に向き合ってくれたり、悩んでくれたり。今日もリフレッシュオープンのために他の店舗から応援に来てくれているんですよ。これもそうですよね※ 私達自身もメンバーさんに対してはもちろん、どうしたら他のスタッフのためになるのか、よくなっていくのかという考え方をしていると思います。

※インタビュー当日はカーブス京阪藤森店がリフレッシュオープンのイベント中。そのために他のエクスティードのカーブス店舗から沢山のスタッフが応援に来ていました。
>女性だけの店舗って人間関係に悩むこともあるのでは?
一般的に女性だけの職場ってネガティブなイメージ確かにありますよね。でもエクスティードのカーブスでは、そういったことはあまりないです。職場としてはすごくさっぱりしているので、働きやすいと思います。ただ悩んでいるスタッフがいると会話が少なくなったり、すぐわかるので、そういう時にはメンバーさんの話に集中するようにしています。そうすると雰囲気がグッと変わるんですよ。やっぱりみんなメンバーさんの成果が1番嬉しいんです。だから私たちもそこにフォーカスするし、頑張れる。エクスティードでは、他人に対する自分のコミュニケーションのパターンを学ぶ、エクスティードだけの研修もあるので、そういった学習の効果もあるかもしれません。
>上司の方はどんな存在ですか?
部長と社長ですね。部長はカリスマです!自分の見えていないところを、自分が気づくヒントをくれるというか。気づかせるのではなく、自分で気づくヒントですね。私のことを考えて叱ってくださいますし、本当に勉強させていただいています。憧れの人ですね。
>では社長は?
いろいろありますけど、お父さんみたいな感じですかね。私との会話ではまず1番に私の成長とか私のためにということを考えてお話してくださいます。なので、落ち込んでいる時とか、誰も気がついていないのに社長にはバレてて、声をかけてくださったり。
>仕事をしていて、どんな時にうれしいですか?
まず第一にメンバーさんにありがとうって言われたり、元気になっていかれる姿を見るのは嬉しいです。でも今はそれ以上に直属の部下が真剣にスタッフのことを考えて、悩んでくれている姿を見ると本当にうれしいです。
>悩んでいる姿ですか?
そうです。上手く言えないのですが、人ってついつい自分のことを最優先しますよね。でも私の直属の部下である店長が、自分のためではなく、自分のお店のスタッフや後輩のことを考えて悩んで、真剣になってくれている姿が嬉しいんです。そういうチームであることが嬉しいというか。
>部下の成長が見れるのが嬉しい?
そうかもしれません。私は今マネージャー兼新店の店長として2店舗同時立ち上げにチャレンジしているんです。カーブスでは一つの会社が2店舗同時立ち上げに成功した例が無いそうで、それを絶対成功させたいんですが、私の思う成功って数値はもちろんですが、それ以上にスタッフの成長なんですね。だからそういう意味で部下の成長を見れるのはうれしいですね。
>成長を見るという点では、社内プレゼンというものがあるそうですね。
はい。1年に2回、自分から手を挙げて、リーダーなどの役職に立候補できます。一般のスタッフなら店長の推薦などが必要なんですが、そのプレゼンをするために、自分のことを振り返る機会が持てるんです。これがすごくイイんですよ。
>どういいんですか?
過去を振り返ることで、自分が今後どういう風に働いていきたいのか、どういう自分になりたいのかを考えないと答えを出せないんですね。普通は仕事しているとそういった機会はなかなか持てないと思うんです。そのまま惰性でいくというか。でもそういった機会をつくって、上司からフィードバックをもらって、本当の自分の課題とか自分自身を見直すことができるんです。
>そこでも部下の成長を見ることが出来る
そうなんです。自分の直属の部下もそうですし、他のスタッフで立候補してきたスタッフのことも見ることが出来るので、とても嬉しいですね。
>入社1年目の新卒でも出れるそうですね
はい。キチンと推薦を取れれば。今年(2016年度)も新卒のメンバーが立候補ししてリーダーになっていましたよ。
>それは若いメンバーにもチャンスを与えるという意味があるんでしょうか
うーん。それもありますけど、むしろ想いがある人にチャンスをということだと思います。例えば、会社の上司から「キミ、リーダーやってね」と言われても頑張れないですよね。自分の想いにつながっていないので。自分から手を挙げることで本当に頑張ろうって気持ちも出てくると思うんです。そういったところを大事にする会社なんです。エクスティードって。
>では小牧さんの目標は
やっぱり今は2店舗同時立ち上げを成功させたいですね。さっき言った意味でも。だから指示するだけでなく、一緒に悩んだり動いたりという視点を持つように心がけています。店長としてではなく、マネージャーとしての立ち上げは初めてなので、チャレンジですね。私にとっても。長期的には部長のように気づきを与えられる、周りに頼られる存在になりたいですね。
>エクスティードにはどんな人が向いていそうですか
成長したい、変わりたい、全力でアホな事ができる人でしょうか(笑)
>アホですか(笑)
そうです。全力で真面目にアホなことが出来る人って、チャレンジできる人だと思います。そういった人は成長すると思います。
>そういった人が入ってきたらどう接しますか
うーん。そうですね、でも、やっぱり本人が何をしたいのか、どうなりたいかが1番なので、その人自身がなりたい姿を一緒にイメージして、探すところから始めたいですね。
>最後に一言お願いします。
エクスティードはチャンスが本当に多い会社だと思います。変わりたい、スキルアップしたい成長したいという人はぜひご応募下さい。お待ちしています。